脇 臭い

わきがは、デトランスαでシャットアウト

私は、ずっとわきがで悩んでいます。

 

 

電車やバスに乗って、吊革につかまっていても、脇の下の汗や臭いをいつも気にしなくてはなりません。

 

 

汗は、かかない季節はないので、本当に大変です。

 

 

既成の制汗剤も最初は良いのですが、夕方には効き目がなくなっていて、長時間の効果は望めません。

 

 

しかし、デトランスαの説明を聞いて、驚きました。

 

 

わきがなどの体臭は、タンパク質や脂質が混ざった汗をかいた後、雑菌が繁殖して、その発酵臭が正体になるのですが、その根本原因の汗自体をかかなくなるというのですから。

 

 

それなら、汗染みにも有効ではないですか。

 

 

仕組みは、こうです。

 

 

デトランスαを、臭いの元の汗を出すアポクリン汗腺が多い、脇の下に塗ります。

 

 

すると、それが汗腺の中で、汗と反応し、制汗物質をつくり、さらに角質まで生成します。

 

 

その角質が、ふたの役割をして、汗を出さないようにするのです。

 

 

角質は、3日から5日後、新陳代謝によって、自然と体外に排出されるので、心配はいりません。

 

 

ですから、お風呂上がりに一度塗れば、10日間効果が持続して、ケアもとても簡単です。

 

 

このデトランスαは、医療が進んだデンマークで開発されました。

 

 

欧米人の約9割はわきがだそうで、そんな方たちに愛用されている商品なので、この機会に一度使ってみたいと思いました。

 

>>デトランスα【脇汗対策用】最安値はコチラから<<